地域人材育成事業・高度なファシリテーション技術とプログラム設計

sdgoal07_v2

TREEは、2007年にスタートしたGreen TVを通じて、世界中が取り組む再生可能エネルギーの重要性を映像を通じて訴求してきました。
2012年には、資源エネルギー庁からの委託事業として”福島県の取り組む再生可能エネルギー”の魅力や地域との協働連携の可能性を訴求するPR映像をはじめ、2013年には、資源エネルギー庁主催の地域再生可能エネルギー事業を促進する人材育成事業「まちエネ大学」を5年間にわたりプロデュースさせて頂きました。

「まちエネ大学」は、固定価格買取制度(FIT)を活用して地域の再生可能エネルギー事業を進める人材の育成事業。志×ビジネスをコンセプトに再生可能エネルギー事業の基礎知識から地域資源の活用、地域の合意形成などローカル特有の課題解決を議論しながら、ファイナンス、事業リスクまで学びあい、事業構想グループを形成しながらワークショップ形式で進めてきました。
全国23箇所、5年間で述べ800人以上が受講し、開催地の自治体、地域金融機関、にご協力を頂きながら進めて参りました。

成果として、全国で20近い再エネリーダーが誕生し、地域エネルギー事業を立ち上げています。再生可能エネルギーだけでなく、その売電益を活用した様々な地域課題解決事業へと展開しています。
まさのSDGs目標7を推進しながら、持続可能な教育事業(goal4)や農業支援(goal2)・海洋資源の保全(goal14)・森林循環(goal15)などに広がり、地域の再エネ事業の推進は今後益々重要な政策となってきます。

 

◆まちエネ大学 http://www.greenpower.ws/

詳細なレポート GreenPowerPeople

 

再エネWS