地域ジブンゴト化

  • 2019.07
icon4

普及啓発から地域活性化アクションまで、全国のローカルSDGsの推進を応援

地域資源を活かした地域活性化や地域課題をビジネスやパートナーシップの力で解決するアクションなど、TREEでは地域の特徴を活かしたローカルSDGsを応援しています。これまで、北海道道東地区、滋賀県、堺市、鎌倉市、小田原市、八丈町など自然、歴史・文化、産業など多様な地域資源を持つ自治体やその地域のステークホルダーの皆さんとともに、地域×SDGsワークショップや映像学習を通じて、持続可能な地域づくりにむけた地域の発火点となる取組を進めています。

 

 

【地域ジブンゴト化事例】

●SDGsワークショップの開催

TREEでは、北海道道東地域におけるSDGsの理解と推進を図ることを目的として、広域連携による道東SDGs推進協議会の設立を支援しました。広域連携合同セミナーの講師をはじめ、別海町、浜中町、中標津町では個別ワークショップを実施。2019年度は、羅臼町、標津町、根室市、釧路市にてワークショップを担当しました。

詳しくはこちら 中標津町、別海町、浜中町のワークショップ

社内浸透

 

●滋賀県SDGs連携拡大事業を企画・運営

三方よしの文化が根付く滋賀県では、全県に先駆けてSDGsへの取組を宣言しています。TREEでは、S滋賀SDGsの達成にむけた連携拡大を拡げるため、県民を参加者とするSDGsワークショップや実践交流を県内5地点にて協働開催しました。

詳しくはこちら「滋賀県SDGs連携拡大事業
社内浸透03

 

●SDGsイノベーション共創ワークショップの企画・開催

TREEは、小田原商工会議所との共催にて(後援神奈川県)、小田原にて異業種参加者からの他己評価による新たな気づきを受ける「SDGsイノベーション共創ワークショップ」を開催。”SDGsを起点に自社の存在意義(purpose)や価値を探求するワークショップ”では、地域の中小企業を対象にMS&ADホールディングスとTREEが連携して進める地方創生を目的としたSDGsプロジェクトです。

詳しくこちら 「SDGsイノベーション 共創ワークショップ in小田原

 

●自治体職員研修支援

SDGs未来都市である堺市、鎌倉市をはじめ、八丈町他、自治体職員への研修プログラムを提供、SDGsの推進を支援しています。