金融ESG

  • 2019.07
icon9

日本から世界の潮流を生み出すESG金融大国のベストプラクティスを

SDGsを加速させるためには、とりわけ経済の視点が鍵を握ります。いかにして、金融経済の流れをサステナビリティを主流としたものに変革し、持続可能な社会を創りだす技術・イノベーションを促進し、消費者の意識変容をも巻き込んでいくことが重要と考えています。TREEでは、全国の銀行や保険業務に関するコンサルティング経験を活かして、非財務情報の開示や透明性、SDGsの事業貢献度を診断するプラットフォームの開発を目指しています。

 

 

【金融ESG取組事例】

●SDGs金融実証ラボへの参画

慶應義塾大学xSDGコンソーシアムのメンバーとして、金融プラットフォーム分科会の企画から運営を担当。加盟企業や団体、オブザーバーの各省庁との共同で、SDGs金融を加速化させるための指標やあり方の検討に取り組んでます。
詳しくはこちら 慶應義塾大学SFC研究所「xSDGコンソーシアム」

 

●金融機関等へのSDGsセミナー・講師派遣

「21世紀金融行動原則」や地域金融機関を対象とした、SDGsの理解と促進、ESGリテラシーを高めるためのセミナーや講師派遣などを支援しています。

●企業のための温暖化適応ビジネス入門

経済産業省が推進する温暖化適応ビジネスの手引きをTREEがデザイン・制作を担当しました。
詳しくはこちら「企業のための温暖化適応ビジネス入門