国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた企業研修事業の開始

未来をつくる対話型ファシリテーションメディア「SDGs.tv」”を本格的にリリースし、企業へのサステナビリティ研修プログラムを提供していきます。

2015年9月、ニューヨーク国連本部にてSDGsサミット開催され、2030年までの持続可能な開発目標(SDGs)が採択されました。持続可能な開発は企業にとっても重大課題と認識され、SDGsにおいても目標達成における民間セクターの役割が期待されています。

長期的なESG投資市場が増えていく中で、こうした全世界の持続可能な開発目標をビジネスのチャンスと捉え、社会の課題を解決しながら新たなイノベーションを高める組織作り、人材育成が重要な経営テーマとなってきました。

2007年に始まったグローバル環境映像メディアGreenTV Japanのコンテンツ配信は既に1200本を超えました。その映像メディアを活用した社会事業の可能性は広がりつつあります。
そこでこの度、株式会社トゥリーは、「持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)」の達成に向けて、多様な主体(マルチステークホルダー)が、ともに課題解決に取り組むための対話を促すための新メディア「SDGs.tv」をリリースします。 (http://sdgs.tv )

y_02sml

 

 

 

 

◆詳細なリリースはこちら

pdf